肉体面と精神面

早漏の原因となっているのは、肉体的な原因と精神的な原因があると言われています。
肉体的な原因の場合、包茎のために性的刺激に敏感になってしまい射精までの時間が極端に短くなってしまっているケースがある。
精神的な原因はストレスによるものや、仕事などの疲れが溜まってしまっている過労、女性との性行為の経験が少ないために極度に緊張してしまい少しのことでも過敏になってしまい早漏になっているケースなどが考えられる。
早漏かどうかを自己判断する場合、個人の判断に偏ってしまい、実は早漏ではないのに早漏だと思い込んでしまう人もいます。
過剰に思い込んでしまうことは厳禁です。
早漏の定義は、女性がオーガズムに達する前に射精してしまうことであり、正確にはどのくらいの時間で射精してしまうというのはありません。
女性側から見ると一方的に男性だけが満足してしまっているように見えてしまい、自分の性的欲求は満たされず、ストレスの原因になってしまいます。
男性は、女性を満足させることができず、自信を無くしてしまったり、恥ずかしさからパートナーとのセックスを避けるようになってしまいます。
危険な病気ではないので、放置してしまいがちですが、きちんと治療すれば改善することもでき、満足のいくセックスができるようになります。
治療には副作用の少ない軟膏薬であるリドカインという局部麻酔を使います。
リドカインとはキシロカインのジェネリック医薬品であり、医療の現場では痛みを伴う部位や治療を行うために感覚を鈍くするために使用します。
早漏改善に使用する場合には、ペニスに直接塗り込みます。
塗り込むことによってペニスの感覚が鈍くなり、射精感を遅らせることができます。
体内に取り込むクスリではないので、副作用はほとんどありませんが、使用上の注意として、塗りすぎには気を付けるようにしてください。
感覚が鈍くなりすぎてしまい、遅漏の原因になってしまうことがあります。
またコンドームを使用しないと女性にクスリの効果が移ってしまうことがあり、一時的な不感症になってしまうことがあります。
早漏改善はパートナーとのセックスを楽しむためにも必要な治療です。
お互いが満足のいくセックスができるようにきちんと治療しましょう。