早漏とクスリ

早漏の原因は、大きく2つに分けることができる。
肉体的原因と精神的原因に分けられる。
肉体的原因とは、何かしらの病気を持っていて、それが原因で早漏になってしまっている場合や包茎のため外部からの刺激にとても敏感になってしまい、早漏になってしまっている場合などがあります。
何かしらの病気の場合、症状の改善によって早漏が治る場合もあります。
包茎の場合も同様に手術などの治療によって回復することもあります。
肉体的原因の場合は、原因を明確にし治療をすることによって、早漏の改善に繋がることが多いです。
精神的な原因の場合、女性との経験が少なく自信がないため緊張のあまり少しの刺激によってすぐに射精してしまう場合や、悩みやストレス、または疲労などが早漏の原因となっている場合もあります。
また精神疾患である、うつ病などが原因で早漏になっている場合もあります。
早漏の定義は女性がオーガズムに達する前に射精してしまうことであり、正確にどれくらいの時間というのは定まっていません。
なので、実は早漏ではないのに早漏と思い込んでしまっている人も中にはいます。
こういった場合、早漏だと思い込むことが一番良くないことです。
気になる方は、クリニックや病院などに行き、医師にきちんと判断してもらうことをおすすめします。
早漏の悩んでいる方のために、自宅でも治療ができる早漏改善のクスリを紹介します。
副作用をほとんど気にすることなく使用できるリドカインというクスリです。
リドカインとは、塗り薬であり、ペニスに直接塗り込むことによって感覚を鈍くし、射精までの時間を延ばしてくれます。
挿入後の感度を変えることなく、射精の時間を延ばせるので大変便利なクスリとなっています。
ただし、コンドームの着用は必須であり、塗りすぎには注意が必要です。
コンドームをしないままセックスしてしまうとクスリの効果が女性にうつってしまったり、塗りすぎは遅漏の原因になります。
気になる方には内服薬である、ダポキセチンがお勧めです。
副作用は多少あるものの、すぐにくる射精したい気持ちを抑えることができ、ある程度コントロールできるようになります。
ダポキセチンはもともとうつ病の患者さんに処方されていたもので、脳の興奮を抑えてくれる作用が早漏改善にも効果があるとわかり、転用されました。
どちらのクスリも比較的安全に使用できるので、自分にあった方を使用してみてください。