リドカインで早漏改善

リドカインとはキシロカインという局部麻酔軟膏のジェネリック医薬品になります。
不整脈などにも使用されており、歯医者などではスプレータイプのもので麻酔などに使用されています。
軟膏タイプですと、けがをしたところに塗り、そこの痛みの間隔を麻痺させます。
そこで、早漏改善に効果があることがわかり、早漏防止に使用してるかたがふえています。
早漏で悩んでる患者は年々増えています。
男性の性の悩みの一つの早漏、相手に対して、満足させてあげれないことが原因で、さらにストレスになってしまい早漏になってしまうパターンもあります。
そこで軟膏やスプレータイプのものを男性の陰茎に塗り、間隔を麻痺させ、射精を遅らせるということです。
塗布してから個人差もありますが大体、10分から20分で効果が現れると言われています。
そして刺激を感じにくくなりますので、射精しにくくなります。
乾いてないうちに、コンドームなど使わないで使用してしまいますと、女性側に影響が出てしますので必ずコンドームなどをしようしましょう。そして、10分以上たってから洗い流すなどしましょう。
副作用も比較的少ないので、安心して使用できます。
ただし、過度な量を使用してしまいますと、全く感じれなくなってしまいますので、注意して使用しましょう。
即効性があるので、早漏で悩んでる方には強い味方です。
早漏でお悩みの方は、デートの際には事前にリドカインを通販で購入しておき、ポケットに忍ばせておくとよいでしょう。

また、同じ早漏改善で使用されるものでダポキセチンという成分があります。
元々はSSRIの抗うつ剤として使用されていたのですが、服用していた患者から、射精するまでに時間がかかるようになったとの事から、早漏防止薬として、使用されるようになりました。
早漏の方は、セロトンイン不足の方が多く、アドレナリンが過剰に分泌されてます。
そこで、ダポキセチンはセロトニンの濃度を高めて、アドレナリンの分泌を抑えてくれます。
そして性的興奮に敏感になっている脳に抑制させることで、早漏防止につながるというわけです。
さきほどのリドカインと併用して服用するとさらに早漏改善につながるとされてます。
こちらは経口薬ですので必ず、用法や、用量などを確認してから服用するようにしましょう。
早漏で悩んでる事をあまり知られたくないという方も多いと思います。
海外製品ですので、海外から個人で輸入することはできます。
病院やクリニックなどへ行くことに抵抗がある方はネットで個人輸入などもお勧めです。用法などは守りましょう。